土日レース回顧(2/4・5)

予想は載せませんでしたが、簡単に回顧。

小倉大賞典 芝1800

本命は佐藤哲のマイネソーサリス。ローカルの重賞なら牝馬でも何とかしてくれると思ったが、それにしても買った川田騎手上手かったですね。絶妙のペース配分の逃げから、見事に皇族に影を踏ませず。まさに人気薄の逃げでした。馬に恵まれてないようですが、「政治騎手」を読んで応援したくなりました。政治力にめげるなあ。

共同通信杯 芝1800

この時期のメンバーにしては豪華なメンバー。アドマイヤに乗った武、馬主との関係から乗るだけで勝負かかりだとは思わなかったんですが、見事に差しきりましたね。フサイチリシャールは、皐月、NHK、ダービーの変則3冠を目指すらしいんでメイチに仕上げるわけはないんですが、展開も番手からの競馬を選択して、バリエーションを増やそうとしてました。昔はダービーの逃げも決まっていたような気がしますが、最近はダービーの週になると東京のインコースが荒れ荒れ。どうしても差しが有利になります。脚質は確かに気になります。
後気になったのは、クラシックへの騎乗はどうなるか?武はフサイチジャンク、アドマイヤムーンどっちにのるんでしょ。アドマイヤのほうが将来性あるかな。武の選択が楽しみ!!

シルクロードS 芝1200

渡辺騎手!!久々・・・・・・・・・・・おめでと・・・・・・・・・・・う
スプリント界はほんとに新しい馬が出てきませんね。高松宮杯も混戦ムード。どの馬が勝つのか見当がつきません。中京に強い馬が勝つイメージがあるんですが・・。外国馬がきたら一発やられそうです。
[PR]
by okakky2005 | 2006-02-06 22:18 | 競馬回顧
<< 日曜重賞予想(2/12) 日本代表始動 >>