ワールドカップ 日本対オーストラリア

 風邪をひき、重かった頭が試合を見て、さらに重くなりました。
 ポイントは3つ。
 1つはグループリーグの戦い方。初戦負けると後がなくなるのはデータ的にもはっきりしていること。最低でも引き分け。引き分けでも十分なんですよね。同点になった際、気持ちの切り替えをせず勝ちにいってしまった。マスコミの論調に踊らされたのでしょうか。3試合をトータルで考える柔軟性が欲しかった。
 2つ目は1対0の戦い方。今大会、グループリーグで1対0の試合が多いんですが、他の強豪国と違ってしたたかさがなかった。リードしているのにあたふたした場面が多すぎました。引きすぎず、上がりすぎずうまく戦って欲しかった。日本のボールキープという良い面が全然でなかったですね。リードしてるときこそボールを保持しないと。日本には守りきるといった文化がないので、とくに考えて試合を進めて欲しかった。
 3つ目は選手交代。ジーコが監督でいる限りしょうがないけど、あいかわらず遅すぎる。特に小野の投入は意味がわかりませんでした。バックアップメンバーを見てみると守備的な選手がいないんだよなあ。オールスター的な選考をしたつけがでてきました。自分だったら、FWの選手をいれてロングボールの出所をチェックさせるようにします。具体的には、巻、大黒選手を入れてましたね。後半40分から失点したのは選手のせいにするのは簡単だが、すこしかわいそう。フレッシュな選手をつかわなかった監督がわるい。
 愚痴ばかりになってしまいますけど、後2戦。最終戦が消化試合にならないよう祈ってます。
[PR]
by okakky2005 | 2006-06-13 20:26 | サッカー関連
<< 更新再開!! ワールドカップ開幕 >>