東京優駿 回顧

無難な本命選びで失敗。

心の中に引っかかった福永Jと岩田J。やはり思いの差が出ましたね。
世間の瞬発力勝負の連呼に屈した自分の予想に忸怩たる思いです。

まずは、高速馬場で前が止まりにくいプラス内外有利がない馬場。ということでうちを回ったほうが距離ロスがないという状況でした。

ワールドエース
 ここ一番で弱いジョッキー。それなりにいい位置とれたものの、差し切れなかった。最速の上がりはマーク。良馬場で外差し、ある程度の展開の助けが必要か。2、3着が多くなりそう。

ヒストリカル
 最後方から見せ場なし。体重の増減でマイナス8。力出せる状況ではなかったか。

ディープブリランテ
 持久力が生きる展開に持込勝利。今後の成長力については?ダービーがピークだったと言われないよう頑張って欲しい。3000は長いと思う。。

フェノーメノ
 王道で活躍できそう。東京2000 2400で注目したい

そのほか、グランデッツァは短距離を使って走りを見てみたい気がする。

秋を越して、3歳牡馬の勢力図がどう変わるのか楽しみですね。。
[PR]
by okakky2005 | 2012-05-28 22:58 | 競馬回顧
<< 安田記念 予想 ◎ストロングリターン 東京優駿 予想 ◎ワールドエース >>