土日レース回顧(3/5・6)

週末は4重賞で予想も忙しかったが、トライアルをしっかり見れたことは、GIを予想する上ではヒントになってくれそうです。

オーシャンS なんと高齢馬ネイティブハートが勝利。いくら得意コースとはいえ最近の成績を参考にすると内田博騎乗以外プラス要素はなかった。単勝万馬券はすごい。このレースを見てもわかるようにスプリント路線は本命馬不在。騎手の力が物を言うレースになりそう。中京の馬場は、そんなに前残りの状態でもないし、外差しの馬場に移行しつつあるんじゃないかな。このレースは参考にはならないような気がします。

チューリップ賞 またもやアドマイヤ=武のコンビが勝利。2頭の叩きあいを制しました。チューリップ賞組では、1,2着馬が抜けていると思うけど、テイエムプリキュアも乗り替わりで4着ならまあまあでしょう。人気になりそうもないし、ラッシュライフ、ウインシンシアの3頭は、本番でも要注意です。

弥生賞 うーん、予想とは違い、ラジオたんぱと同じようにサクラが後ろからムーンが前にといってもかなり後方からでしたね。去年のディープはものが違ったけど、混戦が予想される皐月賞、こんな乗り方でよかったのかなあ。もうちょっと前につける乗り方が見たかったのが本音です。3歳牡馬はアンカツ、武がどの馬を選択するか、だれがおこぼれを頂戴するか見ものですね。アンカツのコメントでは「後ろから行ったほうがこの馬の力は出せる。」とのことなんですが、本番はどのような展開になるのか楽しみです。

中京記念 ハンデ・ローカルで川田J。早くも重賞2勝目です。チューリップ賞も◎で狙いましたが、やはりローカルの方が力が出しやすいんでしょうか。伊藤雄からは初依頼ということで、最近は角居厩舎からも頼まれているみたいで、徐々に馬の質が上がってきつつあります。今後は人気過剰になる可能性もあり、今が狙いどこですかね。
[PR]
by okakky2005 | 2006-03-06 22:36 | 競馬回顧
<< グランパスVSセレッソ 日曜重賞予想(3/6) >>